2019年に映画館で観た新作映画

2019年に映画館で観た新作映画を振り返ってみます。
まずリストアップから。

・1月
『アリー/スター誕生』
『A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー』
『緊急検証!THE MOVIE』

・2月
サスペリア』(ルカ版)
マイル22
『THE GUILTY / ギルティ』

・3月
アリータ:バトル・エンジェル
ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー
スパイダーマン:スパイダーバース』
『ちいさな独裁者』

・4月
『ブラック・クランズマン』
『バースデー・ワンダーランド』
『グリーンブック』

・5月
バイス
ビル・エヴァンス タイム・リメンバード』
『ザ・フォーリナー/復讐者』
『プロメア』

・6月
ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』
『神と共に 第一章:罪と罰
海獣の子供
『ウィーアーリトルゾンビーズ
イングランド・イズ・マイン モリッシー、はじまりの物語』

・7月
『ゴールデン・リバー』
『きみと、波にのれたら』
『さらば愛しきアウトロー
『天気の子』
『Diner ダイナー』

・8月
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

・9月
『メランコリック』
『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』
『ライリー・ノース 復讐の女神』

・10月
『ジョーカー』

・11月
アイリッシュマン』

・12月
『ドクター・スリープ』
『ゴーストマスター』
『羅小黒戦記』(ロシャオヘイセンキ)



2019年1月に観た映画から。
・『アリー/スター誕生』
何度もリメイクされる『スタア誕生』(『栄光のハリウッド』から数えると4回目のリメイク)。
1955年のジュディ・ガーランド主演の『スタア誕生』までは映画界の話だったのを1976年のバーブラ・スライザンド主演『スター誕生』の際に音楽業界の話に変更したので、『アリー/スター誕生』もそれを受け音楽業界の話になってます。ですが演出は1976年版、脚本は1955年版やそれ以前のオリジナルに近い形。
レディー・ガガ演技上手いな……と思って見終わったらエンドロールで俳優養成所アクターズ・スタジオの故・誰それトレーナーに捧ぐ、と献辞が出てきて、そもそもレディー・ガガブラッドリー・クーパーと同じくアクターズ・スタジオ出身なんですね。オリジナルの『栄光のハリウッド』や1937年版・1954年版『スタア誕生』にて描かれたハリウッドの栄光と悲劇、のテーマ的にはアクターズ・スタジオのメソッド演技法が齎したアメリカ映画と役者の人生への影響の光と影が、現実のそれと作劇のそれにオーバーラップするのかなと思います。音楽映画に翻案されたリメイクでありながら、その点において1976年版よりもオリジナルに近い。
書いてて思いましたが観てすぐに書いた感想はもっと内容や音楽についての新鮮な喜びだったのに1年経ってからだと沿革と関係性の話ばっかりになってるので、また改めて観たほうが「まだ観たことない人に向けて」のセールストークができるな……。
良い映画だったのでまた観たいです。後述する『ゴールデン・リバー』『ドクター・スリープ』にも通じるんですけど、飲んだくれの親によって心に傷を負わされた子が、自身も後年にアルコール依存症になってしまうの、実際よくある話だけど世知辛いし何度似たような話を見聞きしても悲しい。



この調子で全部の映画について同じ文量を書くのはまた今度にして今日の分は駆け足で。

・『A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー』
成仏映画だー!今年は良い成仏映画が6本ありました。『A GHOST STORY』『サスペリア』『きみと、波にのれたら』『神と共に』『ドクター・スリープ』『ゴーストマスター』です。やっぱり成仏映画ってジャンルとして強いですよね……。『海獣の子供』もそうかもしれない。よく考えると色んな映画は実は成仏映画なんじゃないか?
死後の長い旅の中で苛立ちや悲しみを募らせながらも何もできず世界を見守り続けて……壮大なサイクルから自分の人生へと帰ってくる。ユニークかつ優しい。

・『緊急検証!THE MOVIE』
オカルト検証のテレビ番組の劇場版なんですけど、めちゃくちゃ爆笑してしまった。途中でプロフェッショナル仕事の流儀みたいな一幕が入ったりするし何見てるのかよくわかんなくなった。映画が始まる前に入口でスプーン曲げ用のスプーンを渡されて、劇中ユリ・ゲラー本人に「さあ、皆さんも私と一緒にスプーンを曲げましょう」と指示されて劇場のみんながスクリーンに向かってスプーンを掲げながらマガレ……マガレ……!と念じる一幕があって、これ一体なんの体験?ってなりました。後にも先にもスプーン曲げ挑戦上映はこれしかないと思う。

2月に観た映画。
・『サスペリア
陽射しの中の暖かな愛……みたいな終わり方して泣いちゃった。戦争の後の罪の意識の話、として理解したんだけど、そういうストーリーラインとテーマや描かれる世相よりも、身体を捻じ曲げる呪い転写バレエだったり、暗闇の母がサングラス掛けてたり、トムヨークの音楽だったり、真っ当に怖い部分やなんか面白い部分が良くて観てて楽しかった。スローのとこちょっとダサく感じちゃう。オリジナルとは完全に別物なのでリメイクではなくて「ルカ版」だと思います。

・『マイル22
せっかくアクションかっこいいのにカメラワークとシーンの繋ぎ方が微妙で、アクションの良いところを良い角度から映してくれないしテンポが鬱陶しいので勿体なさがすごかった。時系列的に本編の事件を後日談として語る主人公の語りが頻繁に挿入されるの、マジでめちゃくちゃテンポ悪い。要らなくない?緊迫する事件の合間に「あの時、俺は勘違いしていた……」みたいな語りを何回も入れてドキュメンタリー番組みたいにするのおかしくないですか?でもそれを思い出すとちょっとまた観たいかも。強敵の倒し方が派手すぎて逆にサマにならなくて笑っちゃった。似たようなアクション映画だとああいう倒し方はかっこいいはずなんだけどな……。

・『THE GUILTY / ギルティ』
警察署の管制室で通報を受けるオペレーターが主人公の映画。全編通してずっとカメラは管制室の中。主人公が通報の内容に耳を澄ますとき、観客も一緒になって固唾を呑んで耳を澄ます。緊張感や絶望感がすごいし、元は外回りしてた警官(外回りっていうのかな?巡査か)だった主人公がなんらかの理由でオペレーターにさせられていて、その勤務も今日まで!という最後の日にかかってきた一本の通報の電話から物語が始まる。スリルがすごかった。観終わったあとにタイトルを見て納得する。


3月以降に観た映画は記事を分けます。

ゲーミングモニタ選び中 12/19の日記

PCを新調するのとPS4proを買うのでゲーミングモニタを選んでいます。

用途として
・映画鑑賞
・ゲーム(FPS格闘ゲーム)
・お絵かき
・動画編集

マルチモニタにするのも考えてはいるけれど当座一枚でこなすために入力端子が多め(PCからはDP接続、PS4proとSwitchからはHDMI接続。DP×1、HDMI×2あればよい)。

映画鑑賞のためにはIPSパネルHDR対応、最大輝度が高いと嬉しい。欲張ると4Kモニタがほしい
ゲームのためには応答速度1ms、リフレッシュレート144hzほしい。
お絵かきはもし新しいのが合わなくても昔から使ってるEIZOの色味確認用モニタで大丈夫……と思う(古いので不安はある)。
動画編集はわからん。強いて言えば上記の要件を満たしていればいけそう。

以上を踏まえて幾つかをリストアップ。


約39000円。4Kで応答速度1msで安いんだけどTNパネル。リフレッシュレートも75hzだからPCでFPSやるのには低い。HDR未対応。DPポートとHDMIポートの数は足りる。


約28000円。安い。小さいのでマルチモニタするのにちょうどよさそう。IPSだし応答速度もリフレッシュレートも良い。ポートも足りる。


52000円。少し値が張る代わりにIPSパネル、応答速度1ms、リフレッシュレート165hz、HDR10対応。これで4Kだったら決めてた。4Kでこの性能だったら20万円くらいしそう。


約63000円。高い代わりにほぼ完ぺきなスペックかつ保証期間と保証範囲が充実している。画面にドット欠けが1つでもあれば交換してくれるのはすごい(他のメーカーは保証があってもドット欠けが4点以上ないと交換してくれないことが多い)。HDR未対応。やたら接続端子が多い。あんまり部品点数が多いと故障が心配にはなるけど保証長いから良し。



もし他におすすめあったら教えてください。最大輝度が高いモニタ探したら価格が凄すぎて諦めた。映画用に欲しい4KかつHDRはモニタじゃなく安い液晶テレビを買ってそっちで観ることにして、モニタはゲーミングモニタとしての機能と手頃さだけ追及するのも良いのかな。あとモニタやテレビと併用するスピーカーとサウンドバーに疎すぎて見当がつかない。



www.youtube.com

TLで勧められて聴いたら気に入った

ポケモンとユニクロとプリン 12/13の日記

 ポケモンシールド遊んでた。キャンプでねこじゃらし振り振りしてると距離感つかめないヒバニーがトレーナーの私に蹴り入れてくるので笑っちゃった。ニャースがちゃんとねこじゃらしの先端の羽部分にパンチしてるのを見習ってほしい。ボール投げたらポケモンが取ってきてくれるの楽しい。リアルで犬ともやろうかな。

 

ユニクロ行ってヒートテックジーンズとネックゲイター買った。ヒートテックジーンズあったけ〜。昔買ったEDWINのWILDFIREシリーズのあったかいジーンズ、ちょっと硬かったから、比べるとヒートテックジーンズめちゃ膝周りが柔らかくて楽。ネックゲイターはなんかネックウォーマーにも帽子にもヘアバンドにもなるらしいので使い方を練習してた。ネックゲイターの構造、なんかメビウスの輪みたいにねじれてて、普通に使うと頭通してネックウォーマーになるのに縫い目の部分を持ってパタパタ振ったら一瞬で帽子みたいになって穴が塞がって「???」ってなった。

 

セブンイレブン行って噂の固いプリン(イタリアンプリン)を買って帰った。おいしい。チーズケーキとカスタードプリンの中間みたいな。

 

iOSはてなブログアプリからブログ更新しようとしてるとき、Youtubeのリンク貼ろうとするとブラウザから開いた時みたいに自動リンク生成してくれないのでなんかめんどくさい。逆にiOSSafariからはてなブログ開いてるとはてなスター押したいのに何度もログインし続ける挙動になって永遠にはてなスターが押せない。こまる

 

ポケモン遊んでユニクロ行ってセブンイレブンで流行りのスイーツ買って帰るの、超平和な生活だ……

 

俺は黒板、お前はチョーク、この酒は黒板消し 12/9の日記

朝7:30に起きた。目覚ましにthe pillowsのStar overheadを鳴らしたらすんなり起きれた。目覚ましに設定したときに起きやすい曲と起きにくい曲が個人的にある気がする。色々試してまとめて書いてみようかな。

 

映画館で『ドクター・スリープ』を観た。まさかこんな内容だと思わずに観に行って度肝を抜かれた。すげー楽しい。熱い。かっこいい。

観た人と色々話したくなってdiscordでドクタースリープチャンネル立てて延々とはしゃいでた。

 

そのあとニンテンドースイッチを買いに行った。遂に買えたので超嬉しい。ゲーム機を買うの自体が久しぶり。ポケモンシールドとスマブラも買った。最後に遊んだポケモンもプラチナだから……10年前?マジ?10年もゲーム機買うこともポケモン遊ぶこともなく生きてきたのか。暗黒の時代じゃん

 

家に帰ってから細心の注意を払ってスイッチに保護シール貼った。完璧にきれいに貼れました。きれいに貼れたら満足しちゃって今日まだスイッチで遊んでない。こないだスマホの保護フィルム貼ったときもフィルムきれいに貼れたの楽しすぎてスマホ触ってたいからTwitter復帰してた。

 

 

一昨日からShowmoreとSIRUPの『now』って曲を聴いてる

 


showmore - now (feat. SIRUP) (Official Music Video)

 

 

親友が最近山梨に引っ越して、それで山梨ってどんなバンド居たっけ、とか思って調べてたらShowmoreのボーカルの人が山梨出身で山梨市の観光大使やってる情報が目に入ってへーと思って聴いてみたら良くてハマった。

きれいなピアノと声で歌詞の内容がTwitter廃人なの好き

来年の2月に恵比寿でワンマンライブやるの聴きに行く

SIRUPも聴き心地良いから聴き始めた

私は日記を書いてもいいし、書かなくてもいい

 日記を毎日書こうと思ってつけ始めてまた書かなくなるフェーズを幾度となく繰り返してきた。
続かない理由を挙げて、それを解消しようとしてみたり、無理なく続けられるように短めの文章で更新したり、色々なアプローチを試してきた。
結局のところ、あまりそういったソフトの施策は意味がなくて、単に自分の体調が悪くなるとブログも書かないしTwitterもしなくなるだけなので、気に病む必要が一切ないし、「毎日決められた何かをする」ことは自分の手に負える範囲のものではない、と思うことにした。

 ある程度の労力を要した物事でないと価値を感じにくい、という心の働きがある、と思う。そこに照らしてみると、前述の、「無理なく続けられるように短めの文章で日記を書く」というのは、日記を付ける習慣が持続する/しないに関わらず、単に自分にとって面白くないんじゃないか?
簡単すぎる単純作業には飽きやすいのと同じように。たぶん多少は書く上で何度か推敲するくらいのほうが「文章を書いた」実感が得られる。


 久しぶりに小説の同人誌を出そうと思った。いざ次回の文学フリマに申し込もうとしてから、いや、まだ書ける状態にはないかもしれない、と気後れしてしまって、未だ申し込んでいない。来年の五月の文学フリマコミティアは日程がズレているので両方に参加できるし、できるなら両方にサークル参加したい。とりあえず片方だけ申し込んで準備して、余力がありそうなときに委託させてもらえたらそうする、のが良いんだろうか。


 日記を書かなくなる理由は幾つもあって、たとえば、基本的に毎日なにもしていなくて寝ているだけだから、書くことが自分の頭の中の思索しかない、というのが大きくて、それを自覚するキッカケに「日記を書く」という行為がなりうるから、そもそも日記を書くの自体が苦痛だったり悲しかったりするのかも。
毎日なにかしらの活動がしたい。トートロジー的に日記を書くことで生活が発生してそれを日記に書けるといいなと思ったりする。日記に書くこと作り。夏休みの自由研究感が出てきた。人生が永遠の夏休みに突入してから長いので逆に本来の夏休み感を得られなくなって久しいし、そういう方向で生きてみようかな。



Chinatown Slalomのデビューアルバム『Who want to be a Millionaire?』を聴いた。
Who Wants to Be a Millionaire? by Chinatown Slalom on Spotify


Just Loveのポップな歌モノ感も、8:30みたいなダークアンビエントっぽさも良かった。
www.youtube.com

11/22の日記

昨日の0時くらいに寝て朝4時50分くらいにスッと目が覚めた。寝る前にテアニンとプロテイン飲んでおいたのがよかったのか短時間睡眠の割にかなり回復してて目覚めが良かった。

朝ごはんはトーストとベーコンエッグと青豆のソテー食べた。あとなにか一品くらい作ってた気がするんだけど今もう眠くて思い出せない。

昼ごはんはパスタ茹でて半分はバター醤油かつおたらこ、もう半分はナポリタンにして食べた。

夕飯は牡蠣うどん食べた。

 

 

昼に冷たい雨の中を傘さしてブルーピリオド6巻を買いに行った。漫画の中も冬だし寒い中で読むと良い〜〜って似たようなことを少女終末旅行の時も言ってた気がする。

6巻すげー良かったな……

 

早起きだったので早めに眠くなった。21時前に寝る。