2015/04/17の日記

 

 先日、担当エリアを自宅の近所に変えてもらうよう申請していたら通ったので、今度から車ださなくても自転車で回れそうな感じになった。よかった。でも前のエリア(結構遠い。車で40分くらい)で契約取れたお客さんのところへは今後も通うのでむしろエリアが広がっただけな気がする。よくなかった。

前のエリアと比べて新しいエリアは生活保護世帯が多くてあんまり新規で大口の契約は取れない感じ。むしろ生活苦で保険料が払えなくなっている人の保険が失効になりそうなところを復旧して回ったりの保全が主になってきた。いくつか解約して早急に必要そうな医療保障だけ残したりで、私の業績としてはマイナス計算になったし、たぶん再来月くらいから収入減っていきそう。割と真面目に小説を売って暮らしていく必要性を感じ始めた。

杞憂だとは思うし自分を過剰評価してるきらいはあるんだろうけど、私が今転職したらエリアのお客さん何人か路頭に迷うか死にそうなぐらいのケースが多くて怖い。他の営業員が担当エリアの保全まともにやってないことが多々あって、今回私が譲り受けたエリアなんか私が訪れるまで営業員が来たの一年以上前みたいなお宅だらけだった。実際に失効しちゃってる世帯が幾つかある。

 

帰り着いてから文フリの原稿をちょっと進める。印刷所に入稿できる見通しが立たない。というか間に合うんだろうか。コピ本になりそう。コピ本でも出せればマシなレベル。文フリ当日にはコピ本を出すけど、後日そのコピ本を持ってきたらオフセット印刷の文庫本と交換できるようにするか。コピ本の形をした引換券。なんだそれは。そんな横暴が許されるのか。けして許してはならない。

 

原稿やってたら夜になってから友人に飯食いに行こうと呼び出される。

行ったことないラーメン屋を見つけて三人で入り込み、ラーメンと餃子を食べた。本格的な中華の点心から派生したっぽい巨大な餃子で、皮が分厚くてモチモチでグニグニだった。餡の量もヤバい。おいしかった。後ちょっとで肉まんになるぐらいの餃子だった。ラーメンは東京って感じの普通ラーメン。特筆事項の存在しない普通のラーメンが好き。食べやすいし。

最近になって気がついた。おいしいラーメンあんまり好きじゃないな。おいしくないけどまずくもない普通のラーメンが一番好き。

 

さっきまで直筆で日記を書こうとして奮闘してたけど、実際にペンを持って文章を書くのが遅すぎて何も書けなかったのでやめてブログにした。キーボード最高。そもそもキーボードでタイプしてても文章を書くのが遅いのに直筆じゃ余計にひどくなるからもう要らんことするのやめる。

 

あと全然関係ないけど弟が彼女と別れた。どうして別れたの?と聞いても「もう終わったから。」としか言わないので聞かないことにした。