映画「ゼイリブ」感想と考察 良い子のみんなは宇宙人見つけてもいきなり撃っちゃダメだよ

映画「ゼイリブ」製作30周年記念HDリマスター版を観た。 この映画は作品内に描かれていることそのものではなくて、これを観た人がどう考えるか、という作品の外側にメッセージがあると私は思っている。 「ゼイリブ」がどういう映画か、を簡単にまとめると、 …

潜在的トランスジェンダー、文化盗用、環境と自由意志の話

性同一性は性的指向を決定しない。また、性的指向から性同一性を推測することはできない。 それがどういうことなのか、幾つかのパターンを提示する。 例1、性自認(性同一性)が女性であり、身体の性が女性で、性的指向が女性である人の場合。この人は同性愛…

こまごまとした幾つかのこと

長い間心身が優れなかったんだけど、ここ数日でかなり回復してきた。なにかしら楽しみな予定を作ると俄然元気になるので、好きなバンド(LOSTAGE)のライブのチケットを買ったり、映画観に行く約束したり、という方策で急速チャージを完了。元気になりすぎて調…

必殺技

「一緒に考えた必殺技、まだ覚えてる?」 詩織が懐かしむように話す。季節は冬。場所は新宿の居酒屋の片隅。私たちの通っていた中高一貫の女子校の、初めての小規模な同窓会。その席で、詩織は饒舌に私を困らせる。「必殺技?なにそれ」「えー。たくさん作っ…

最近観た映画の感想

・「ゴッホ 最期の手紙」 動く油絵のアニメーション映画。細かいことは公式サイトで。 ゴッホ~最期の手紙~ これ映像表現が売りで内容はハートフルものだと思って観に行ったら結構はらはらしてスリルあって……びっくりした。てっきり美術モノだしアート系の…

「ポプテピピック」のアニメ化、ではなくて、「ポプテピピックのコミュニケーションツールとしての側面」のアニメ化なのではないか

ポプテピピックのアニメを観た。幾つか考えることができたので書き起こす。 このアニメは「再放送」と称して、10分間放送したのと同じ内容を直後に再び繰り返す、という形をとっている。この「再放送」が、実は1回目と2回目では完全に同じ内容ではなくて、少…

少女終末旅行の最終話の一話前の話をしたい

2018年1月12日。気温はマイナス3℃。これは日記かもしれないし、誰かに宛てた手紙かもしれない。今日はweb漫画として連載されていた「少女終末旅行」の最終話の更新日だった。最終話(第42話)の1話前、第41話にて爆発的に膨れ上がるモノローグの熱量が凄まじか…

信念と抑圧

私は自分が何について言及し、何については言及しないかを明確に決めようと心掛けている。その基準になるのは自分の信念だ。私は私の信念を元に、巷での話題のうち、これには抵触しないと決めたものには触れず、話そうと思ったことだけを選択して話そうとす…

よく間違い電話が来る

どういう加減でそうなるのか、私にはさっぱり分からないが、私の元へは頻繁に間違い電話がやってくる。頻繁に来ると段々こちらも身構えてしまうもので、見慣れない番号や非通知でかかってくると最初から「また間違い電話なんじゃないか?」と頭をよぎってし…

自身の鬱病の治療について

できるだけ正確に簡潔に記すことを誓います。 私の状態:極めて重度の抑うつ状態にある。 受けている治療:投薬とカウンセリング。 生活:無職であり昼夜の逆転した不規則な生活。 病名・診断:鬱病の診断は出ていない。アスペルガー、ADHD、パーソナリティ…

2017/11/10の日記

今日はポーズマニアックスの90秒ドローイングを20回やった。難しかった からあげ6個食べた。 友達がtoldというバンドをおすすめしてくれた。 www.youtube.com ギターかっちりしててメロディ抑え目で良い~好き~。好きになった。 友達が「お前LOSTAGE好きだ…

漫画「総合タワーリシチ完全版」を読みました

総合タワーリシチ 完全版(上) (ヤングキングコミックス) 作者: あらた伊里 出版社/メーカー: 少年画報社 発売日: 2017/10/30 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 総合タワーリシチ 完全版(下) (ヤングキングコミックス) 作者: あらた伊里 出版社…

最近聴いてる音楽の話 (Safeplanet、SCOOBIE DO、Feodor Dosumov)

ブログゆるめに短く書くのが更新癖を付けるのに良いなって思った。あんまり気合入れて長文書いたり、内容が自身の心をえぐるやつだと何日も書けないので。 というわけで最近聴いて気に入った音楽の話をします。 最初はタイのインディーロックバンド、セーフ…

ハンカチ

よく映画見て泣いちゃうから涙拭き用のハンカチも用意するんだけど 白っぽかったり明るい色のハンカチだと光を反射して目立つから他のお客さんの邪魔かなと思ってできるだけ暗い色のハンカチにしようと思ってて その話を人にしたら「赤みを帯びた黒だと普通…

ブログ再開して二日目にして書くことが全然思いつかない

やっぱり思うんですけど何事もブランクが空きすぎると腰が重くなる。長いことやってなかったことは急に続けられない。 Twitterの話でもします。RTの使い方のこと。 あるツイートを見た人が、自分が不快に感じたり、怒ったりしたあとに、その不快に感じたツイ…

ブレードランナー2049観ました

映画ブレードランナー2049を観ました。これから観るひとのために、ネタバレを避けるためできるだけ内容に触れないようにしようと、ネット上に何も書かないようにしています。面白かった、おすすめです、とだけ言いたい。そんなわけで語るのを我慢してます。…

自分に宛てて

二次試験が近い。一年間しっかり勉強できたか、といえば悔いはある。悔いどころか、勉強する余裕が本当になかった。本当に大事件に次ぐ大事件、ひっきりなしに襲いかかるトラブル、ボロボロの体調(肺炎、虫垂炎、謎の耳鳴り)、やりたいことがなにひとつで…

映画『ブルーに生まれついて』を観た感想

映画『ブルーに生まれついて』を観てきました。 映画『ブルーに生まれついて BORN TO BE BLUE』オフィシャルサイト ジャズ演奏家チェット・ベイカーの”半”伝記映画で、彼の生涯に実際に起きたこと、結局訪れなかったこと、と事実と創作を織り交ぜて構成され…

最近観た映画と、最近読んだ本と、最近買ったプリンターの感想

映画の感想。 『シン・ゴジラ』を観た。全体的に画面が片付いてて白くてきれいな作りだと感じる。音楽の使い方に敬愛とオタク根性がある。オタク根性、っていうのは内包されうるものは色々あるけれど、この場合は”著作物同一保持性遵守”みたいなものを指す。…

時系列を思い出せずバラバラの日記-8月から10月半ば

彼女が入院することになった。婦人科の病気で、手術のための入院だった。彼女の両親が訪れ、そこで初対面となり挨拶をする。緊張する。遠方の実家から、少し離れた大学に通っていた彼女が、通っていた大学から更に離れて東京へ来たのは私が原因だったし、親…

もう冗談も伝えづらい、俺も終わっちまってるし

アメリカの選挙の時期によくテレビで流れている光景で、「スーパーマーケットの広い駐車場に停められた車を挟んで共和党支持者と民主党支持者が喧々諤々と議論している」というものがあるけれど、前から疑問だったのだけどアレは一体なんなんだろう? 普通に…

接触

できるだけ、ゆっくり、丁寧に書いていく。ともすれば焦るあまりに何もかも書いてしまいそうだし、また何も書けなくなりそうだから。正確を期す、わけではなく、ただ落ち着きをもって書きたい。元から落ち着きのない私が、最近は特に冷静さを欠いていて、ず…

隣人

簡易で散漫な日記、人と話したこと、考えたことの覚書。 人と遊ぶ、普段からよく遊ぶ友達をつくる、そういった友達がいる、というのは、それを成立させるための条件が幾つもあって、だから一人の友達と一週間ほぼ毎日仕事上がりに遊ぶみたいなのは難しいよね…

今年観た新作映画の感想

まだ今年は終わってないのですが暫定的に。 バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) 落ちぶれた俳優がブロードウェイで再起を図る話。簡単にいうと失敗する物語で、主人公はいろんなことに失敗して、結局最後まで全てに失敗するんだけど、そこに余…

11月と6月に新宿は怖い

6月の時の肺炎に続いてまた今回も新宿から帰ってきてすぐ熱出して倒れて 「また肺炎……勘弁して」と思ったら肺は無事でした 肺以外全部ダメ ゲーム実況が好きでよく見るんですよ。理由は色々あって、まず ・ゲームが下手 これが最大要因。自分でプレイしてる…

ゆっくりサンドイッチ食べながらボートレース眺めてるシーン好き

ネタバレを避けるためにタイトルを伏せるんですが、あの映画、二回目観てきました。好き。主役三人全員かわいい。 「せっかく金庫破ったしなんか盗まないと……なんかあった!これ見て!これなに!?」 「パーツ」 「あっ……そう」 あれを踏まえて観るとこの部…

ぷぁー/歌会開催しようかなの報せ

トランペットの発表会に行ってきた。吹きました。ちょっと失敗。広いホールで大音量で鳴らせたので楽しかった。楽器の発表会やコンサートを個人でやるのって初めてなんですが、なんだか控室や舞台袖の空気がお祭り前の準備期間っぽさを携えていて面白くて(控…

「済まない」とだけ書かれたメモが置かれていて、そんな謝る必要なんて全然ないんだぜ、俺に対しては特に、と思う。ハーディが残していったんだと思ったけど、ハーディはいつもひどく酔ってて俺が誰かも分かってないから、きっとペンなんか持てないだろうし…

新刊『ハイヌーン』通販します

文学フリマにて頒布した新刊、短編集『ハイヌーン』を通販します。 A6判の文庫本、46p。送料込700円。普通郵便での発送になります。 購入希望を先にいただいてから、注文を確定、振込を確認後に発送します。確定前に振り込んでしまうことのないよう御注意く…

第二十一回文学フリマ東京に出展します。

11/23(月)、東京流通センター第二展示場にて開催される第二十一回文学フリマ東京に参加します。 文学フリマ - 文学フリマ公式サイト-お知らせ ブース配置は2Fホールのイ-62。サークル名『段』。 eventmesh - 第二十一回文学フリマ東京 新刊『ハイヌーン』。…